BCC-1-3535MIDI Cable

BCC-1-3535

プレイアビリティを拡張するMIDIケーブル

3.5mm ステレオ・ミニ・プラグを両側に備えたBCC-1-3535 / BCC-2-3535は、ペダル同士のMIDI接続に最適なスリム設計のMIDIケーブルです。MIDI信号伝達用にデザインされたこのケーブルは、BOSS 200シリーズ、GT-1000CORE、EV-1-WL等の3.5mm ステレオ・ミニ型MIDI端子を搭載した機器に最適であり、MIDIによるコントロールの可能性を広げます。ケーブルとしてもしなやかで取り回しのしやすいデザインであり、スリム設計のL型プラグは限られたスペースでの接続でも効率的にフィットします。

Standard Features

  • アングルの付いた3.5mm ステレオ・ミニ・プラグ
  • 3.5mm ステレオ・ミニ型のMIDI端子を装備したBOSS製品に対応
  • 楽器用ケーブルとしての堅牢なデザイン
  • 無酸素銅を採用したシールド線
  • しなやかで取り回しやすいPVCジャケット
  • 30cm(BCC-1-3535)と60cm(BCC-2-3535)をラインアップ

アプリケーション例—200シリーズをリンク

ラインナップ拡充を続けるBOSS 200シリーズは、ペダルボードへのレイアウトを容易にするコンパクトなサイズに高品位なサウンドを備えたペダルです。複数の200シリーズをBCCケーブルにてMIDI接続することにより、1回の操作で全て機器のユーザーメモリーを切り替えることが可能です。

BCC-1-3535

アプリケーション例—GT-1000COREをEV-1-WLで拡張

フラッグシップ・モデルのGT-1000をポータブルなサイズに凝縮したGT-1000COREは高品位なサウンドだけでなく、MIDI制御にも優れています。あらゆるパラメーターのMIDI制御はもちろん、一つの動作で複数の設定を切り替えることが可能です。EV-1-WLをBCCケーブルにて有線MIDI接続することにより、ペダルつま先のON/OFFスイッチによるボリューム/ワウの切替え、さらにはEV-1-WLにフットスイッチを接続し、ディレイのタップテンポ入力として使用するなど、表現の幅が広がります。

BCC-1-3535

アプリケーション例—RC-5トラック拡張

BOSS Loop Station RC-5は、進化したサウンド・クオリティと視認性を高めたLCD、内蔵リズムなど高度なループ機能を搭載したコンパクト・ペダルです。RC-5はTRS MIDIの入出力を備えており、MIDIによる様々な制御が可能です。RC-5をもう一台追加し、BCCケーブルにてMIDI接続することにより送信側からのトラック再生に合わせ受信側のRC-5がスタートするので、2トラックを同期させたパフォーマンスが可能となります。

BCC-1-3535
主な仕様
ケーブル長さ
[BCC-1-3535] 30 cm
[BCC-2-3535] 60 cm
プラグ
3.5 mm ステレオ・ミニ・プラグ (ニッケルメッキ)
プラグ寸法
29.7 mm
奥行き
14 mm
高さ
9 mm
*製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Downloads

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。