RC-600Loop Station

RC-600 Loop Station

最高峰の音質と類まれなるカスタマイズ性を備えた、フロア型LOOP STATIONのフラッグシップ・モデル

RC-600は高品位なサウンドと進化した機能、高度なカスタマイズ性を備えたLOOP STATIONのフラッグシップ・モデルです。ギタリストやベーシスト、シンガー・ソングライターなど、あらゆるプレイヤーのパフォーマンスを一層高いステージへと導きます。 32Bit AD/DAの入出力、さらに内部処理も32bit浮動小数点演算処理で行うことで、録音を繰り返してもクリアなサウンドを維持。充実した入出力端子と高い柔軟性を誇るルーティング機能により、複数のマイクや楽器の接続/入力から各トラックの出力方法に至るまで、1台で高度なループ・システムの構築が可能です。また9つのフットスイッチは、自在に機能の割り当てが可能。プレイ・スタイルに合わせたベストなセットアップを実現します。 充実した内蔵エフェクトとリズム機能、PCとのUSB接続による専用アプリケーションとの連携など、すべてがシームレスに融合するRC-600は、ループ・パフォーマンスの可能性を無限に広げます。

Standard Features

  • 次世代のサウンドと高い柔軟性を備えたフロア型LOOP STATIONのフラッグシップ・モデル
  • 32bit AD/DA変換、内部演算32bit浮動小数点処理によるクラス最高峰のサウンド
  • ステレオ対応の6つのフレーズ・トラック
  • 高い汎用性を備えた9つのフットスイッチ。任意のセットアップを3通りまで保存可能なペダル・モード
  • INPUT FXとTRACK FXは、それぞれ4つのエフェクトを同時に使用可能
  • INPUT FXに49種類、TRACK FXに53種類のエフェクト・タイプを搭載
  • リズムやループのテンポに自動的に同期するエフェクト
  • ファンタム電源対応のXLR入力端子を2系統、標準のステレオ・ライン入力端子を2系統、ステレオ・ライン出力端子を3系統装備
  • 録音したループ・フレーズとエフェクト、コントロール・アサインの設定を99個まで保存可能
  • ループ・フレーズと同期する200種類以上の内蔵リズム・パターンと16種類のドラム・キット
  • MIDIによるコントロールに対応
  • スリムかつ高い堅牢性を備えたボディー・シャーシ
  • シチュエーションに合わせた表示方法を選択可能なLCDディスプレイと、ループのステータスが一目でわかるループ・インジケーター
  • 2つのCTL端子に、フットスイッチやエクスプレッション・ペダルを増設可能
  • PCとUSB接続することで、専用エディターのBOSS TONE STUDIOを介してフレーズのインポート/エクスポートやRC Rhythm Converterによるリズム・パターンのインポートが可能

ループ・パフォーマンスを次のステージへ

RC-600は、緻密なセットアップで洗練されたパフォーマンスを実現できるLOOP STATIONです。サウンドは32bit AD/DA、32bit浮動小数点演算処理によるクラス最高峰の音質を実現。オーバーダブを繰り返しても、濁りの無いピュアなサウンドを保ちます。6つのフレーズ・トラックは、パフォーマンス・スタイルにあわせて録音/再生方法を変更可能。スイッチを踏んだタイミングで録音を開始する一般的な方法だけでなく、あらかじめ指定したレベルの入力があると自動に録音開始するようにカスタマイズも行えます。再生においては、全てのトラックを同時に再生させたり、曲の展開にあわせてトラックを切替えて再生可能です。高品位なエフェクトはINPUTとTRACKで使用可能。ループ・フレーズや内蔵リズムのテンポにエフェクトが自動で同期し、フレーズにダイナミックな動きを与えてくれます。また、9個のフットスイッチは、高度な機能のコントロールを実現。RC-600の高品位な音質と、優れたカスタマイズ性により、最高峰のループ・パフォーマンスを実現します。

ALT

理想のLOOP STATIONへカスタマイズ

6つのトラックと9つのフットスイッチによる自由度の高いパフォーマンス、その可能性を大きく広げるのがRC-600の高いカスタマイズ性です。9つのフットスイッチへの機能割り当てはもちろん、ペダル・モードをフル活用すれば最大で27の機能をコントロールできます。例えば、モード1ではトラック選択と録音を、モード2ではアンドゥ/リドゥやマーク・バック、ハーフ・スピード、リズム機能等をコントロール、モード3には複数のエフェクト操作やタップテンポを割り当てておき、パフォーマンスに応じてモードを切り替えるといったことができます。また、フットスイッチはプッシュ/ホールド/ダブルクリックの操作に対応しているため、それぞれに異なる機能を割り当て、本体のみで充実したコントロールを行えます。外部拡張性にも優れており、2つのCTL端子を搭載。MIDI IN/OUT端子を活用して外部MIDI機器を統合的にコントロールするシステムとしても活躍します。LCD画面は、各ループ・トラックの音量やループの同期状態など、状況に応じて表示内容を変更可能、常にトラックのステータスを表示するループ・インジケーターとともにプレイヤーのパフォーマンスをサポートします。

RC-600

パフォーマンスを華やかに演出する高品位なエフェクト群

RC-600 はループ・パフォーマンスを彩る高品位なBOSSエフェクトを多数搭載。INPUT FXは49種類、TRACK FXは53種類をスタンバイしています。コーラスやディストーションはもちろん、ベース・シミュレーターやボーカル・エフェクトまで、多彩なエフェクトが使用できます。TRACK FXに搭載されているBeat ScatterやVinyl Flick といったリズムに効果を与えるDJスタイルのエフェクトは、ループ・トラックのテンポと自動的に同期するため、複雑な設定を必要としません。エフェクトはINPUT FX、TRACK FXそれぞれ同時に4つまで使用可能。トグル/モーメントといったスイッチ動作に対する挙動まで含めたセットアップが可能です。また、これらのエフェクトはグループとして管理し、4つのバンクに保存可能。瞬時に呼び出して使用することができます。

RC-600

フレキシブルな入出力システム

RC-600は史上最もフレキシブルな入出力システムを備えています。ステレオ入力に対応した2つの標準端子に加え、コンデンサー・マイクにも対応できる2系統のマイク入力端子を装備。ギターやキーボード等、あらゆる楽器やデバイスを接続できます。3系統のステレオ・アウトは6つのモノラル・アウトとしても使用可能なため、演奏している楽器のサウンドとリズム、モノラルの4トラックをすべて独立して出力することもできます。また、インプット/アウトプットをFXループとして活用し、外部ペダルをTrack FXとして組み込むことも可能。各入出力にはEQ、マイク入力とアウトプット段にはコンプレッサーも備えることで、細かいサウンド調節も実現しています。USBはオーディオ・インターフェイスの機能を備えているため、DAWへのレコーディングにも活躍します。RC-600は専用エディター・アプリのBOSS TONE STUDIO にも対応、PCからUSB経由でオーディオ・ファイルのインポート/エクスポートも簡単に行えます。

RC-600

進化した内蔵リズム

RC-600には、16種類のドラム・キットと200以上のリズム・パターンが用意されています。ドラム・キットは、臨場感のあるSTUDIO、LIVE、エレクトリックなDANCEやTECHNOまで、幅広く網羅。リズム・パターンもロック、ブルース、ジャズ、ソウル、ファンク等の豊富なジャンルから選択できます。録音時のガイドとしてはもちろん、フィル・インを加えたり、小節の切り替わるタイミングでリズム・パターンのバリエーションを変えたりすることで、表情豊かなパフォーマンスを行えます。オリジナルのリズム・パターンを使用したい場合は、SMFのリズム・データをWindows/Macに対応した専用アプリ経由で本体に保存することができます。お気に入りのドラム・キットとリズム・パターンでカスタマイズされた躍動感のあるグルーヴが、あなたのパフォーマンスを支えてくれます。

RC-600

パフォーマンスを向上させる便利な機能

BOSS Loop Stationシリーズのユーザーから寄せられたリクエストをもとに、ループ・パフォーマンスに新たな変化を与えたり、スムーズに操作を行うための便利な新機能が多数搭載されています。マーク・バック機能では、フレーズのレコーディング、オーバーダビングの状態をマークしておくことで、瞬時にその演奏状態に戻って録音をやり直したり、マークしたフレーズをアンドゥ/リドゥすることで演奏にアクセントを加えたりすることができます。また、3種類のオーバーダブ・ モード により、スムーズなサウンドの差し替えを実現。既に録音されたサウンドを消去、または再生しながら、新たなフレーズで上書きすることができます。バウンス・イン機能を用いれば、複数のトラックを 1つにまとめ、溢れ出るアイデアを余すことなく表現することが可能です。また、再生スピードを倍速や1/2の速度へと切り替え可能。テンポの速さに応じてピッチを変化させるか、ピッチを維持するかも選択でき、トリッキーな演出を行えます。オート・レック機能は、本体のボタンやペダルにON/OFFのアサインができる様になり、パフォーマンスにあわせてその場で録音方法の変更も行えます。

RC-600
主な仕様
サンプリング周波数
44.1 kHz
AD、DA変換
32ビット
内部演算
32ビット浮動小数点
録音/再生
トラック数:6
データ形式:WAV(44.1kHz、ステレオ32ビット浮動小数点)
最大録音時間:約1.5時間(1トラック)、約13時間(メモリー合計)
リズム・タイプ
200種類以上
リズム・キット
16種類
エフェクト・タイプ
INPUT FX:49タイプ
TRACK FX:53タイプ
MASTER FX:2タイプ
メモリー
99
規定入力レベル
MIC IN 1、2:-40dBu
INST IN 1、2:-10dBu
最大入力レベル
MIC IN 1、2:0dBu
INST IN 1、2:+7dBu/+20dBu (切替)
入力インピーダンス
MIC IN 1、2:3kΩ
INST IN 1、2:1MΩ/25kΩ (切替)
規定出力レベル
MAIN OUTPUT:-10dBu
SUB OUTPUT 1、2:-10dBu
最大出力レベル
MAIN OUTPUT:+7dBu
SUB OUTPUT 1、2:+7dBu
出力インピーダンス
MAIN OUTPUT:1kΩ
SUB OUTPUT 1、2:1kΩ
推奨負荷インピーダンス
MAIN OUTPUT:10kΩ以上
SUB OUTPUT 1、2:10kΩ以上
コントロール
REC/PLAYスイッチ×3、STOPスイッチ×3、TRACK SELECTスイッチ、UNDO/REDOスイッチ、ALL START/STOPスイッチ、 MENUボタン、LOOPボタン、RHYTHMボタン、TAP TEMPOボタン、ENTERボタン、EXITボタン、PAGEボタン、 1~4つまみ、OUTPUT LEVELつまみ
ディスプレイ
グラフィックLCD 128×64ドット(バックライト付き)
接続端子
MIC IN 1、2端子:XLRタイプ(バランス、ファンタム電源:DC 48V、10mA Max)
INST IN 1、2端子、MAIN OUTPUT端子、SUB OUTPUT 1、2端子:標準タイプ
PHONES端子:ステレオ標準タイプ
CTL1,2/EXP1端子、CTL3,4/EXP2端子:TRS標準タイプ
USB端子:USB Bタイプ
MIDI(IN、OUT)端子
DC IN端子
電源
ACアダプター
消費電流
1.2A(ファンタム電源オン時)
1.1A(ファンタム電源オフ時)
付属品
ACアダプター
取扱説明書
「安全上のご注意」チラシ
保証書
別売品
フットスイッチ:FS-5U
デュアル・フットスイッチ:FS-6、FS-7
エクスプレッション・ペダル:FV-500H、FV-500L、EV-30、Roland EV-5
外形寸法 / 質量
幅 (W)
435 mm
奥行き (D)
163 mm
高さ (H)
66 mm
質量
2.4 kg
* 0 dBu = 0.775 Vrms
*製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Downloads

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書